« きゅーはく女子考古部 | メイン | 夏帽子 »

猫ログ

20160131_171404ウチの庭でナンパ中。

手前のオスはこっちにまったく気づいていない。

20160429_100414西鉄通り商店街の猫ドアからひょっこり

20160429_100430続いて別の顔が、あれれココは白黒ハチワレちゃんだったはず。

3匹もいたとは・・・!ちょっとうれしいゾ

どんかん道で会った。まだ若そうな美形。

20160423_111156

コメント

おはようございます。猫いっぱいで朝からごきげん、いい一日になりそうです。
一番上の「絵」がまたまたオシャレで感心させられています。

> どんかん道
太宰府は「どんかん」ですか。面白い面白い。これはまったく知らない情報でした。

糸島には「ちんかん山」という方言がありまして「墓場」という意味です。最初「寝棺」などと不吉な語源を考えだしていたんですが、こちらは御神幸ならぬ葬礼行列でつかう鉦(鐃鉢:にょうはち)の音から来た言葉のようです。

「ど」と「ち」でエライ違いがあって、方言噺のタネになりそうです。ありがとうございました。

追加~です。書いてるときに思い出さんもんで・・・。

もしご存知のことでしたら「すんまっせん」なんですが、とりあえず書いておきますね。

青空文庫とamazonのkindleに「柳田國男:母の手毬唄」という面白い無料本があります。読みやすそうな方を選ばれるとよろしいです。

ちんかん・どんかん>
にゃるほど。音源が違うだけで語源は同じみたいですね。
タクシーでも普通に『どんかん通ってよかね?』って聞かれます(笑)

お勧め本、ありがとうございます。
我が家は青空で。

コメントを投稿

フォトアルバム