« 2014年8月 | メイン | 2015年1月 »

お座布

20141019_115900aベッドパットのリメイク長座布団と小座布団カバー新調。

銘仙の長羽織を解いた古布。

さすが絹物、さらっときもちよいであるぞよ、と

はっち様が一番にお試しになられました。

カニと鉄橋

いきなり給水塔とはこれいカニ?

001_2ここは浜坂。山陰本線は給水塔が残っている駅がけっこうある。

山陰本線に乗りたい!それだけで行程組んだ今回の旅。

ま、ついでに美味しいものも、ということで

目的地はカニとノドグロと温泉の香住。

新山口まで新幹線、そこから山口線「スーパーおき」→浜田→米子

快晴の日本海、眺望は絶景続き。

米子から「とっとりライナー」で鳥取→浜坂(この間直行なし)→香住

003

007途中松江で予約しておいた駅弁を受け取り、所要時間約10時間。

ナゼ山口線経由かというと、

幡生からでは当日中に到着できないから(涙)

当夜はカニ3杯とノドグロ、甘エビ、ソデイカその他を

たった2人で食べるという暴挙に討死。

翌日、大乗寺(応挙と芦雪の大作あり)や遊覧船を楽しんだ後、

本命の余部鉄橋へ、GO!

004

005

006

鉄橋下の道の駅まで下る場合は戻るための時間を読んでおくこと。

駅への戻りはものすごくきつい上り道です(笑)

この日も夕食はカニとノドグロ。

皆既月食を眺めて温泉に入って、翌朝はカレイの干し物。

しばらくカニは見たくないほど堪能。

009帰路は播但線周りで姫路へ。玄武洞で途中下車。

駅前の渡し舟で迎えに来てもらい玄武洞と資料館見学。

柱状節理と鉱物標本は見ごたえあり、おすすめです。

豊岡で途中下車してコーヒーブレイクの後、お昼は丹後のばらずし。

再び「はまかぜ」で姫路→新幹線で帰着。

播但線では車窓から竹田城が望めます。

それと沿線にSL(C57の静態保存?)がチラっと見えて

ああ、やっぱりここもSLが活躍していたんだなぁと思いました。

さてさてこんな贅沢旅、今度はいつ行けることやら・・・

フォトアルバム