« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

春本番前

前の白黒猫と一緒に見かける白黒猫♂(まぎらわしい)
Naobe1
さかんにアプローチ・・・
Naobe3
何処見てんのかと思ったら、
Mejiro

Naoti
あーっつ、もう体重支えるのは無理だっちゅうのに!
ヤマボウシの小枝がベキベキ(涙)
横の山椒もへし折ってたし。

Naokiti

Suisen

思い出のランドセル募金

JOICFP(ジョイセフ)
思い出のランドセル募金~ランドセルは海を超えて~

ウチのランドセルと学用品は海外へ行きました。
負担金はありますが、我家の想い出は写真で充分。
子どもと話し合ってこういうのもいいと思います。

試作モノ

Go

さげもん

Sagemari1

親戚の初節句用に作った物。
輪の直径18cm、まりの直径12~6cmくらい。
赤ちゃんには少々地味でゴメン。

作品展の分と合わせて、
菊結びとタッセルを25セットも作った報いで
腱鞘炎になったのでありますよ(笑)

柳川さげもん・糸まり作品展

柳川さげもん・糸まり作品展 2/20~3/3(2/27休館日)

太宰府市 いきいき情報センター市民ギャラリー 
(西鉄太宰府線五条駅前・マミーズの2Fです)

時々会場係で居ります。

Sagemon1

ランチバッグ

Bag
生成キャンバスでペーパーバッグ型ランチバッグ

長方形二つ折りでマチをつまんで、各辺に表からステッチ。
入れ口にマジックテープたたきつけで、持ち手無し。
あっという間に出来上がり。

オヤジが持ち歩いても違和感無い弁当袋というのが
なかなか見つからないので、思いっきりシンプルな作りに。
途中で買ったドリンクとかおやつも入る大容量。

「ねぇねぇ、これってちょとオサレじゃない?」
『アザラシのポーチよりはオサレだと思う』

ぶたまん

先月、永徳酒家のご主人が講師をしてくださった調理実習で
ぶたまん作りをしました。
何かと話題の中華メニュー、
冷食の袋にこれでもかと書いてある原材料表示と違って
とってもシンプルな素材でできるということを知り、
いっちょウチでも作るぞ~、とやってみました。

当日は中力粉1kgで25個分という大量レシピだったのを
中力粉250gに変更、水、イースト、砂糖を適当に減量して、
レシピに無かったショートニングを少し追加。
あとはホームベーカリーにこねと発酵をおまかせ。

お肉のあんはひき肉、シイタケ、エノキ、ブナシメジ、タマネギに
しょうゆ、砂糖、中華スープの素、いためて片栗粉でとろみ付け。
ここでもスープの素と片栗粉を勝手に足す。

一次発酵した皮にBPと砂糖を足してまたこねるところを
省略(すでにこの分の砂糖は最初から足してみた)
やや発酵不足でしたが、いきなりちぎって丸め、
伸ばしてあんを包み、強火で15分蒸す。

相当いいかげんな作り方、にもかかわらず
ぶたまんらしきものがちゃんとできました。
半量の皮にチーズとピザソースを包んで即席ピザまんもどき。
次はあんまんにトライしてみよう。

写真取る前に全部食べたので今回画像無し。

ロマサガ -ミンストレルソング- 皇帝の華

つい手にとって一気読み。
350ページというのはけっこうな分量でありました。

聖女アグネスが吸血鬼を退けて十数年後、
ローザ=ライマンが水晶湖畔地方に封ぜられるまでの物語。

単純におもろかったです。
マルディアスツアーガイド並に地理が目に浮かぶし
登場人物紹介リストに、詩人・・・・・?と。
ここでニヤつきはじめ、そこここの小ネタにニャ~リ。
バルハル女戦士に荷物担ぎされる皇帝(王子)ってのは
お約束らしい(笑)


パン食い猫

001
そのパン、どこでもらったの?

えっと、時々ここに入れてあるから、
          よいしょっと、  一切れGET~ 
002
結局、小鳥用のパンを全部食べちゃった。
ザネリがパン食いなのでチビ等もみんなパン食い。

手に注射

点滴入れたりとかで手に注射ってのは経験あるんですが、
麻酔ブロック&ステロイド打ってもらいました。
痛かった!

麻酔が効いてるからと油断して手を使わないよう
きびしくクギを刺されたのに、
相変わらず時々グキっとやっては右手で元に戻すのが
自分でも気持悪い。

家族が家事にちっとも協力してくれない、とつい愚痴ったら
『痛みは目に見えませんからねぇ』とセンセイから慰められました。
ペインクリニックのセンセイと看護師さんはとってもやさしい。

これでダメだったらやっぱ切るのかなぁ・・・・・・