« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

ボックスアート

「ボックスアート プラモデルパッケージと戦後の日本文化」展

最終日も近いということで大分まで高速ぶっとばして行ってきました。

Yufu

塚原温泉側から見上げた由布岳

Oita

大分市美術館

イムズではタミヤオンリーだったものの拡大版で、

戦後のプラモ全盛期に至るまでの戦前戦中のビジュアルイメージ資料も相当の量。

画集にはフジタの絵もあり、どれもこれも兵隊さんはりっぱで艦やヒコーキはかっこいい。

現代絵画史からすっぽり抜け落ちた戦争画を見ると、印刷物ではあっても

開催時期と重ねて、ああこうして戦争へと進んでいったのだなぁという気持ちになる。

Oita1_1

箱絵のほうも見ごたえ充分、図録が小さいのがちょと残念でしたが。

Yukikaze

同シリーズ三笠の原画もあった。

雪風は資料が少なくて苦労してるらしい・・・全艦艇史まで引っ張り出していた

バケツ稲作り

今年もやっております。

Yoto

出穂前にイモムシが付いてしまった。昨日穂が出て花が咲きました。

去年は初穂を実家の神棚にお供えするつもりが・・・

チビが藁人形の材料に使ってしまったので今年は2セット栽培中。

「バケツ稲づくりセット」は毎年4月ごろからJA全中・JAグループが配布。

数量限定なので早めにチェックしておくべし。

新聞でも告知されますが下記サイトでも申し込みできます。

バケツ稲づくりネットワーク

九州AFVの会

10月15日 アクロス福岡 2Fセミナー室

とりあえずメモっとけ!

クロスケその後

Kuro2

毎日着々と戦果をあげているクロスケ

セミ、バッタ、カナブン、アゲハ、ツマグロヒョウモン、オハグロトンボ等々。

なぜか昆虫しか獲ってきませんが・・・

Kuro1_1

もうちょっとでジャストカゴサイズ?

ロード・オブ・ウォー

ごくあっさりと人が殺されていく場面が繰り返し出てくる。

本人のナレーションで進むストーリーは売物が武器

という以外はセールスマン成功物語そのもの。

笑っていいのか憤るべきなのかわからなくなる居心地悪さが狙いなんでしょうか。

ヴィタリーはたぶん少年が銃殺されるのを見過ごした時からずっと

そんな自分自身を許せなかったのではないかと思う。

斧や鎌で殺し合うより銃で殺しあうほうがずっと大勢死ぬ。

だけど銃が悪いか?

交通事故や肺ガンで死ぬから車やタバコを売っちゃいかんのか?

ものすごい説得力。

最後は痛烈です。

DVDの特典はオススメ。

戦車50両借りたら全部リビアに売約済みだから早く返せと言われた、とか

カラシニコフ3000丁は借りるより買ったほうが安かったから買って

撮影後転売して処分した、とかのウラ話満載。


ROCK YOU! [ロック・ユー!]

農民から騎士になった若者のごく普通の騎士物語。

「A Knight's Tale」が原題。

私は英文学と中世ヨーロッパには疎いので邦題で充分。

コスチュームプレイで、なぜかロックがBGMで挟まるのが

すごくハマって楽しい。

貴族と教会の堕落ぶりもそれとなく描写されてる。

ブラック・プリンスいい人です。

チョーサーがバクチで丸裸、2度も!

ブドウ棚

色づきはじめた房。

Budo_1

今回の台風は風がそれほどでもなかった。

カエルはブドウに付く虫を狙っている。

地蜂もさかんにイモムシ団子をこしらえては持っていく。

そして地面に巣穴を掘っていると、クロスケの襲撃っ!

Kero

農薬や木酢は未散布でも虫やカエルのおかげか、虫害はそれほどでもない感じです。

管理人よりお知らせ

14日17:00より当方の接続機器不調のため

メールの送受信およびインターネットへのアクセスが出来ませんでしたが

15日22:00現在復旧しました。

スパム!

毎日毎日スパムが舞い込むのでありますが、

件名にやや不審を抱きつつも知り合いのメアドだったため

一応開いてみたら・・・やっぱ出会い系のスパムメールだった!

ご当人のお人柄からすると、いまいち妙な件名だったんですよねぇ。

○○○くん、キミのだ。

そのうち私みたいに自分の過去アドレスで自分宛に来るかもよ~

ゼノギアス

セーブテータ持ち出してはみたものの、

やはりオープニングから観ることにしてニューゲーム。

導入部の雰囲気などはゼノサーガ1にしっかり引き継がれている気がする。

十字キーでナナメ移動が大変つらい。

×□ジャンプは要再訓練。

羽織

チャイナ休止(ってほとんどやってないのじゃ?)して

女羽織の27cm用。

キモノ自体の袖丈を何種類も用意してるせいで羽織も

振袖除いた数だけ必要なのであります。ぁぁ自業自得

ついでに着丈もそれぞれの袖と釣り合うようにしなきゃいかん

でしょうね、たぶん ・・・うぎゃぁ

フォトアルバム