« 2006年2月 | メイン | 2006年4月 »

寒の戻り

寒い日は~詰まってるとあったかいね。

959

うん!

960

千秋楽

6時ちょい過ぎのヨドバシ店内

とっくに終わってるとあきらめていたらモニタ前に人だかり。

ややっ、朝青龍も白鵬も本割で負けたらしく『決定戦にござりまするぅ~』

画面にはJOLKの地デジ試験放送中の文字

巨大画面で額を流れ落ちる汗とか土俵の砂粒まで見える解像度。

すごいなー、ラッキーと、混じって一緒にテレビ観戦。

時間まで仕切りをくり返し、最後の塩に分かれたところで

突然画面真っ暗、続いてアラート

[ △ ただいま電波を受信できません]

なんだなんだとみんなで店内見回すも、店中のモニタどれひとつとして

大相撲中継を映していないじゃん!

電気屋のくせに・・・TV売り場なのに・・・

帰宅後ニュースで見ました。

なにはなくとも右上手、魁皇勝ち越しおめでとう。

それと今場所から審判部長が魁傑なんですわ ふふっ

FF12

モブ、レイスにボコられる・・・

アタッカー全員戦闘不能になるとリザーブと交代せよと促されるのは

親切・・・なんだと思う。

バッシュ独り生き残りました。

ん~~~~~~ 彼、半パンです。

でも半ケツじゃないから、まぁいいか。触角も立ってないし。

オトナなキャラのちょっとしたモーションがいちいちグッとくるんです、

特にバルフレア

カレについての『子供には早い話』って、何?何?

ゼノギアス 神屠る物語~序章

『ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]』7/6発売決定

で、なんとなく読み返してしまった。

メモ!

Xenogearsの外伝小説「ゼノギアス 神屠る物語~序章」

文:日下部匡俊 絵:森下直親 集英社4-08-703068-7 Jump J booksシリーズ 98年刊

本編より3年前のイグニス、砂漠の遺跡が舞台。

本編キャラはヴェルトール(キャラか?)とグラーフが登場する。

あくまでも外伝、ではありますがゼノファンなら一読をおすすめ。

FF12

「アタック・オブ・ザ・キラートマト」

最初のモブ、はぐれトマト退治はまさしくソレでした。

ハントカタログにちゃんと「キラートマト種」って書いてある(笑)

ふしゅるるるるるうるう

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

プレミアムスクリーンで優雅に鑑賞。

同館の他のスクリーンよりかなり音が良いように感じました。

飲み物は席までサービスしてくれるし、

シートはゆったり、前後の幅も広く後ろからケリが入る心配なっしんぐ。

CMで初っ端からFF12のトレーラー2種とも(ぉ~音が良い)

本編は過不足なくストーリーをなぞっていて面白かった。

アスランの咆哮がとてつもなく恐ろしく響く時(マジでビビッた)と

頼もしく聞こえる時とがまったく違っていてスゴイ。

字幕だったので声も堪能。

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

FF12

読めよ取説、で

延々オープニング(プレリュード~デモムービー~ファイナルファンタジーのテーマ

ばっちりFFテイスツ)流しながらせっせと読みました。

結局よくわからん(やだ、状態異常にスリップが復活してる)まま

指カーソル→本編でプレイ開始。

あぅ、視点変更&ズームインとアウトでうげっ(失礼)

思いっきりベイグラントですわ、いやあれよりもっとグリグリ・・・

自分で無駄に動かせるだけよけいにヤバイ。

松野ファンはヨダレたらしてよろこんでるでしょ

しかし致命的方向オンチで3D酔いする私にはこりゃ前途多難。

ヴァンにバトンタッチするまで小1時間。

はぐれトマトねぇ(キラートマトじゃないの)

今回は事前情報を避けてきたのでまだ何がなんだか状態。

ちょと忙しい時期なんでプレイ自体はまた当分お預けかも。

FF12

やってませんよ

だって、まだ届いてないもん(涙)

ポーションCM

サントリー ポーションのTVCMを食事中に観て吹きそうになった。

サントリーソフトドリンク製品ページで公開中

博多献上

献上の古布で帯を縫ったのだけど、

打ち込みが強いせいか針が通らず、ついに折れた。

シンブルもぶち抜きそうなほど力がいって腱鞘炎になりそう。

もう二度とこの生地は使わんめと思った次第。

ま、残り生地も無くて幸い。

粋筋っぽく縞の着物で・・・

98g

フォトアルバム